オークション落札代行のメリット・デメリットについて



メリットについて

プロが客観的に評価した車が購入できる

中古車は、同じ車種、年式、グレードであったとしても同じ個体は存在しません。必ず内外装の傷み、修復歴の有無、走行距離などの事由で程度は 異なります。また車を売る側は少しでも高く、買う側は少しでも安く売買したいのは当たり前の理屈で、儲けを出したいがために修復歴を隠したり 走行距離をごまかしたり、適当な修理で体裁を整えたりと、このようなごまかし行為は未だ存在しております。 オークション会場では専属の検査員が1台1台チェックし、わかりやすく”出品票”という診断カルテを作成し点数を付け、車に添付しております。つまり 売る側でも買う側でもない第3者による車のチェックが入っているという訳です。この事がオークションで車を購入する最も大きなメリットだと私は思います。 もちろん検査員とて人間ですから見落とし や間違った評価点を付ける可能性は少なからずあります。しかし、店頭に並んでいる車を見てユーザーさん自身が品定めをすることを思えば、かなり安心できるのではない でしょうか!私は最も理にかなった購入方法だと思います。中古車に掘り出し物はありません・・いい物は高く、安い物には必ず理由があります・・・

店頭販売よりも安価である

皆様がご存じのように店舗販売には様々な経費(店舗維持費、人件費、宣伝広告費 etc)が必要です。それらの経費は当然車両販売価格に盛り込まれます。車の仕入れ先が 私どもと同じオークション会場である限り、僅かな手数料のみで販売しているオークション代行業者の方が販売価格が安くなるのは当然です。

落札価格は確実に公開いたします

私ども同業者の中にはオークション落札結果について、お客様に告知しなかったり、結果データを改ざんしたりなど、不正を行っている者もいるようです。通常の店舗販売でオークション落札価格 を公開している販売店はいませんが、私どもオークション代行業では落札や出品の代行を手数料をいただいて行うわけですから、落札価格を公開しないと代行業の意味がな くなってしまいます。Ren'sBooといたしましてはオークション結果(落札価格が明示されたもの)をお客様に公開いたします。万が一、私が落札価格を偽造した場合は全額返金プラス 10万円をお支払いたします!どうぞご安心ください

現車下見は私もしくは下見業者が行います

オークション会場は原則、業者以外は立ち入れません。ただ場所によっては私と同伴で入場可能なところもあります。私もしくは会場検査員が下見 を行う場合、現地から電話にてお車の詳細をお伝えいたします。私が下見する場合は時間に余裕があれば当日、現車の画像をお送りいたします!
Ren's Booの現車下見について

また遠方会場や私が下見不可の場合は各会場専属の下見業者へ依頼いたします。下見専門のスタッフですので信頼は高いと思います
下見業者の現車下見について

オークション購入車両に1〜3年保障が付けられます

諸条件はございますが、別途料金にて購入(登録時)より最長3年間の中古車保証をお付けすることができます
ロードサービス付きで、保証項目はなんと200以上!ワイドな保証です!!

また、5年落ち未満で10万キロ走行未満の車両で保証書が付属している場合は、メーカー保障継承対象車となります
安心のメーカー保障継承と中古車保証

一部の登録手続きをお客様自身で行っていただけます

車検付きのお車の場合、平日に陸運局にて名義変更(移転登録)手続きをする必要があります。原則として、普通車でナンバー変更が伴う名義変更手続きは当方で行う事とさせていただきます。 その際、1.3〜3万円の手数料が発生します。お客様からすると大きな出費になるかとは思いますが、どうかこれは保険料だと思ってください。すべての名義変更をお客様自身にゆだねるオークション業者も おられますが、万が一、落札車両運転中に事故(貰い事故含む)、当て逃げ、交通違反等があれば、現所有者やオークション会場に大変は迷惑がかかります。「車の運転には自信があるから大丈夫!」と皆さん 言われますが、そんな時に限って何か起こってしまうものです。また登録書類の書き損じなどがあった場合も同様です。 これらの行為があると、ペナルティーとしてお客様が10万円以上の罰金を支払う事になります。せっかく安く車が買えてもこれでは本末転倒です。

実際、陸運局に行く途中に貰い事故に合った事例もあります。 Ren'sBooとしましてはこのようなリスクをお客様に負わす訳にはいかないと考え、当方で名義変更手続きを行う事としております。しかし、軽自動車やナンバー変更が伴わない普通車の名義変更手続き、及びすべての 新規登録手続きに関しては、リスクが小さいと考え、保証金を預かる形でお客様ご自身での手続きをOKとしております。ただこの際にも、登録書類を作成する必要があり、書類リスクはあります。 これにつきましては、お客様に少しでも安心していただけるよう、当方が背負うものとして、無料で書類を作成いたします。よってお客様は当方が作成した書類一式を手に陸運局まで行っていただくだけで結構です。
お客様自身が行う登録手続き


デメリットについて

お客様希望のお車がなかなか出品されないケースもあります

市場によく出回っている車種であれば、1〜2週間あればどこかのオークションで出品されますが、絶対数の少ない車種になると、やはりなかなか出品されない事もあります。また、人気車種でも走行距離、グレード、 色、仕様などを限定すると、なかなか巡り会わないという可能性もあります。当方は代行契約後、常に出品リストで検索をいたしますが、やはりお時間を頂戴しなければいけない事がありますこと 御了解お願いします。

原則お客様自身での下見ができません

先述した通り、オークション会場への立ち入りは原則禁止されております。(一部同伴入場が可能な個所もあります。)ただ査定士資格保持者の私もしくは会場専属の下見業者 による下見代行が可能ですので、ある程度不安は解消できるかと思います

試乗ができません

私もしくは検査員が下見を行うにしても、停止状態での下見となります。よって走行して初めてわかる不具合箇所が潜んでいる可能性は否定できません。 特に旧年式車、過走行車、修復歴車、外車などは、それなりのリスクはあるかもしれません。ただ過去に当方が下見の末に落札した場合で、引き渡し直後に大きな修理が発生したケースはございません。 5万円程度の整備が必要なったケースが最大です。また、下見の段階で怪しい部分を お伝えし、納車後点検したらやはり故障しており修理するケースはありました。また消耗品の交換やしばらく経過してからの故障などは通常の中古車のレベルではあると思います。

落札後のクレームやキャンセルができません

ターゲットになる車両が評価点4点以上で下見を行えば、消耗品を除いて大きな不具合がでる可能性は低いとは思いますが、やはり0%ではありません。商品が中古車である 以上避けては通れないところでございます。よって会場検査員、私、下見業者の下見の結果、見落とし、誤認、隠れた故障個所、 もしくはそれが原因で起こる不具合など何か問題があった場合でも、一切クレームは受け付けれない事となっております。当方としましても本当に心苦しい点ではござ いますが、販売形態や料金形態などからクレームにお答えする事ができない現実をどうぞご理解お願いいたします。ただ、落札車両がメーター巻き戻し車、 盗難車、災害車である事が後にわかった場合、オークション会場の規定よりある一定期間でのキャンセル受付が可能となっております。

次ページへ ⇒ 落札代行の流れについて