中古車のメンテナンスについて



国産の中古車はかなり優秀だと思います。オークションで15万kmオーバーの車両をよく見かけますが、高級車になればなるほど エンジンをかけたとき、耳を疑うぐらい静かだったり、塗装や内装の品質もある程度保たれていたりします。そしてそういう車には必ずメンテナンスシールが貼られてあったり、 記録簿が揃っていたりする事が多いです。つまりメンテナンスをしっかりとすれば、20万km近くまではある程度の品質が保てるという事なのです!

中古車は遅かれ早かれ必ず不具合が起きますので、メンテナンスは定期的に行う事がベストでしょう!オイル交換だけではなく 年に1回はご近所の整備工場(運輸局指定工場もしくは認証工場)で法定12カ月点検を受けるよう心がけてください。点検だけでも最低1〜2万円は必要ですが、お車の寿命は確実に伸び るとおもいますし、突然のトラブルも未然に防げる事が多いです。それに整備工場の方と親しくなっておけば、いざという時に大変心強いものです。

中古車を購入するときは、多少費用がかかっても最初に整備をして、それなりにベストな状態にしておくことが大事だと思います。そこからスタートすれば、使用頻度によって発生する様々な消耗品や不具合点の 修理などその車の弱点や癖が把握でき、長く付き合う事が可能になるのです。また、高年式車にはそれ用の、旧年式車にはそれ用の整備の仕方というモノがあると思います。旧年式車のエンジンをいきなりフラッシング(洗浄) 施工したりすると、丁度いい感じに詰まっていたオイルカスなどが綺麗に洗浄され、そこからオイル漏れが始まったり、古いオートチックオイルを1回で全交換した結果、シフト変化に違和感が出たり・・・などなど・・ モノによっては古いから交換すればいいという事ではないのです。特に旧年式車で過去にあまり整備がされていない車のエンジン構成部品は、絶妙のバランスで稼働している場合が結構あります。本当の整備士は 様々な経験のもと、それらを判断し、的確なアドバイスをしてくれるはずです。

万が一の事を考慮し、当方でも「中古車保証サービス(24時間ロードサービス付き)」をご用意しております。別途費用はかかりますが、御心配の方は加入を お薦めいたします。また、5年落ち、かつ走行10万km未満の車両で保証書があれば、メーカーの保障継承を受けれる可能性があります。
安心のメーカー保障継承と中古車保証



← トップページに戻る