当方ではお客様に少しでもお得感を持っていただくため、一部の登録手続き(名義変更、新規登録) をお客様自身で行っていただけるようなシステムをとっております

お客様が行う登録手続きについて




★お客様自身が登録手続き(新規登録・名義変更)ができる条件

@ 落札車両が普通車でナンバー無しの場合
           →(お客様がユーザー車検+中古新規登録を行う)
A 落札車両が普通車でナンバーの変更を伴わない名義変更の場合 
B 落札車両が軽自動車の場合 
 ・@〜B共通で、落札日から7日以内に落札車両を駐車できるスペースが
  確保できる方
 ・名義変更に関する念書の提出と登録保証金の預託が可能な方



@について
当方から新規登録に必要な書類をお送りします。その中の登録識別情報等通知書、自賠責保険証書とお客様免許証と認印を持参して最寄りの役所にて臨時運転許可証と臨時ナンバープレート の申請、受領を行ってください(手数料1000円程度が必要です)。次に落札車両に臨時ナンバーを取付け、当方からお送りした登録書類全てとお客様が受領された車庫証明、印鑑証明書と実印、臨時運転許可書を持参し、 落札車両を運転して陸運局に行き、ユーザー車検を受けて下さい(事前に予約が必要です)。合格すればそのまま新規登録手続きを行い、新ナンバープレートを付けて完了です。ユーザー車検が御心配なお客様は御近所の整備工場 でお願いする事も可能かと思います。その際には納車場所をその工場にさせていただきます。

Aについて
当方から名義変更(移転登録)に必要な書類をお送りします。その書類全てとお客様が受領された車庫証明、印鑑証明書と実印を持参し、落札車両は使わずに陸運局に行き、移転登録手続きをしていただきます。 新車検証を受領すれば、手続きは完了となります。

Bについて
・ナンバー無しの軽自動車の場合
⇒ 当方から新規登録に必要な書類をお送りします。その中の検査証返納証明書、自賠責保険証書とお客様免許証と認印を持参して最寄りの役所にて臨時運転許可証と臨時ナンバープレート の申請、受領を行ってください(手数料1000円程度が必要です)。次に落札車両に臨時ナンバーを取付け、当方からお送りした登録書類全てとお客様が受領された住民票もしくは印鑑証明書と認印を持参し、 落札車両を運転して陸運局に行き、ユーザー車検を受けて下さい(事前に予約が必要です)。合格すればそのまま新規登録手続きを行い、新ナンバープレートを受領します。後は持ち帰って落札車両にプレートを取り付ければ完了です。 ユーザー車検が御心配なお客様は御近所の整備工場でお願いする事も可能かと思います。その際には納車場所をその工場にさせていただきます。

・ナンバー付きの軽自動車の場合
⇒ 当方から名義変更(検査証記入申請)に必要な書類をお送りします。プレートが変更になる場合は落札車両のナンバープレートを取り外して頂きます。 次に当方からお送りした登録書類全てとお客様が受領された住民票もしくは印鑑証明書と認印を持参し、落札車両は使わずに陸運局に行き、名義変更(検査証記入)手続きを行います。新車検証を受領したら手続き完了です。 プレートが変更になる場合は、新しいナンバープレートを持ち帰り、落札車両に取付ければ完了となります。

★軽自動車の車庫申請は、届出行為なので登録完了から原則2週間以内に管轄の警察署にてお客様自身で責任を持って届出をして下さい。(届出不要に地域もあります)

★納車場所が陸送会社営業所、近隣ディーラー、近隣整備工場などの場合は車両を預っていただける日数に限りがあると思われますので、事前に打合せをして日程調整を行います

★登録手続き完了までは落札車両を運転しないようにお願いいたします。(新規登録で陸運局に行く時は除きます)

★新規登録で陸運局に行く時は、細心の注意を払っていただくようお願いいたします。尚、車を運転したとき起こりうる事故(貰い事故も含む)、違反、当て逃げ、盗難などが発生し、オークション会場、旧オーナーに迷惑をかけた 場合はペナルtィー(高額な罰金)が当方に発生します。これはそのままお客様へ請求する事となりますので、十分な注意をお願いします。

★登録手続きが完了までの間、お車は全くの他人名義であるという事をくれぐれもお忘れにならないようお願いいたします。

★名義変更、新規登録手続きに関しましては、落札後に更に詳しくご説明いたしますので、ご安心ください!

★自信が無い方や不安な方は無理をせず当方へ登録依頼をお願いいたします。